園芸療法のご紹介

園芸療法のご紹介

平成クラブでは園芸療法士さんが、入所者様に園芸活動を用いたリハビリテーション・セラピーとして園芸療法の活動を提供しています!
 

~園芸療法とは~

『草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然とのかかわりを通して、

心の健康、体の健康、社会生活における健康の回復を図る療法といえます。』

淡路景観園芸学校ホームページより引用)

今回はいくつかの園芸療養を簡単ではありますがご紹介していきたいと思います。

 

~押し花づくり~

パンジーやコスモスといった花を収穫し、自分の好きな花を選んで、半紙に並べた後挟んで花の型が取れた綺麗な押し花を作ります!

優しく花びらをちぎって・・・
花を半紙に並べます。
 その後、段ボールを使って押し花を半紙の上から押します!

 その後押し花を乾燥させて・・・・できあがり!

できあがった作品を写真立てに入れれば押し花アートの完成です。

 
  
季節が違いますが、12月には松ぼっくりを使った、松かさのクリスマスツリー作りなども行っています。
 
 

 
 
その他にも 種の植え付けや苗の植え替えも行います。
 
 
 

これらの「園芸療法」は専門の園芸療法士さんが入所者の方々に丁寧に教えてくれます☆  

園芸療法は、毎月1~2回程度で実施しております!

最近の3件

お知らせ一覧 →

平成医療福祉グループ

ページトップへ戻る